My City Report

for road managers

道路損傷検出サービス

My City Report for road managers(略称MCR for road managers)は、これまで多くの自治体で行われていた、車上からの目視による道路損傷確認業務をAI(人工知能)に置き換え、正確かつスピーディな道路損傷個所検出を行い、業務の効率化を図ります。


使い方

avatar
スマートフォン専用アプリを用いて自動計測
avatar
検出された損傷画像を自動でサーバーへアップロード
avatar
日々蓄積されるデータをAIに学習させ、さらなる精度向上
avatar

道路路面撮影用アプリ

道路の損傷箇所を専用スマートフォンアプリ※ を通じて自動で判定し、サーバーに損傷を含む画像のみを自動送信します。

(※ 現在はAndroid7.0以上のみ対応。ご利用のお問い合わせは下記をご覧ください)

avatar

リアルタイム表示

取得画像の位置情報を元に道路統計情報を抽出。スマホアプリで検出した道路損傷画像をリアルタイムに表示します。

avatar

ダッシュボード

自治体から提供されたデータと検出された道路の損傷状態から、簡易的な路線評価や更新費予測を行えます。



avatar

ご利用について

MCR for road managers は、My City Reportコンソーシアム参加団体がご利用いただけます。

> 参加案内はこちら

> 申込書はこちら

道路損傷に関する教師画像等、技術情報はこちらのGithubサイトで公開されています。

ご利用のお問い合わせ先: mcr-info@aigid.jp